嵐山そして再会

c0123400_12481931.jpg

c0123400_12482032.jpg

c0123400_12482175.jpg


日曜日は京都 嵐山へぶらぶら。
主人が会議の為
帰阪していたのと、次女の部活がオフだったので。
紅葉の時期に来た時とは、大違い。
歩行者天国だった道路も、昨日は
車も行き交い、観光客も疎ら。
空気は澄んでいて、冷たい風があたると耳が少し痛いぐらい。
竹林を歩いたり、おばんざいを食べたり。

目的は20年振りの再会。
嵐山駅から徒歩20分ほどの
清涼寺と隣接している薬師寺の住職。
私のOL時代の上司。
その当時は、確か特許課に配属されていて、全くの接点はなかったのですが、
会社のスキーツアーを毎年私が企画し幹事をしていた事もあり、30歳ほど離れたお偉いさん達は、こんな機会に若い者達と一緒に行こうかな…と参加してくださり、可愛がって頂いた想い出が沢山。
その後、早期退職され、薬師寺の住職になられました。
年賀状のやり取りを20年近くしており
近況報告をしていたのですが、
フッと会いたくなり、訪ねてみました。

突然の訪問に、びっくりされていたと共に色々な昔話と住職の仕事のお話。
隣接している清涼寺の役員もされているとの事で、境内の案内。
数々の国宝や1000年前に作られた仏像さまのお話、絹で作られた五臓六腑が胎内にあると言うお話。

そして、当時のスキー時に20代の私が50代の方々と共に山頂までリフトで行き急斜面をさぁ滑りましょ‼︎と軽く言って、腰がガクガク、でもカッコ悪いとこはみせられぬ…と気合いを入れて滑走したとか…。

清涼寺の縁側に座りお庭を眺めながら、
沢山お喋りをしました。
気持ちがすーとした感じで、なんとも言えない良い時間を過ごしました。

[PR]
by kurukurumim | 2015-01-19 09:33 | 日々のこと | Comments(0)